C型肝炎検査が疑われる症状と検査費用とは?

現在日本全国でおよそ125万人ほどC型肝炎ウイルス(HCV)感染者がいると推測されています。

 

しかし、はっきりした数は断定されていません。

 

というのも、C型肝炎ウイルスに感染していることを知らない人も多く、仮に知っていても通院や治療をされていない方が多いからです。

 

C型肝炎の初期症状とは

C型肝炎とはC型肝炎ウイルスに感染し、肝機能の異常が継続的に続いている病気です。

 

一般に6か月以上肝炎が続いている状態を慢性肝炎といいます。

 

C型肝炎は初期段階つまりウイルスに感染し、急性肝炎を発症しても、ほとんど症状がありません。

 

急性肝炎の段階で治療されずにいると、大部分が慢性肝炎に移行します。

 

「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓ですが、肝臓の予備能の働きのため、C型肝炎に感染しても自覚症状がないまま進行してしまうことが多いのです。

 

C型慢性肝炎の自覚症状を強いてあげるとすれば下記のような、なんだかあいまいな症状が多いです。

  • なんとなく体がだるい
  • 疲れやすくなった
  • 食欲が落ちた
  • 気分が悪くなり嘔吐することもある

 

C型肝炎はウイルス感染で、主に血液を介して感染します。

 

C型肝炎ウイルス保持者の血液は感染されていない人の血液に入り込むことで、感染されると言われています。

 

その主な感染経路としては下記のとおりです。

  • 輸血
  • 手術
  • 注射
  • 刺青
  • 覚せい剤

 

その他、非常に確率は低いのですが、出産により母親から子供へ、また性行為により感染する例も見られます。

 

C型肝炎と一緒にかかりやすい病気とは

C型肝炎から肝硬変、肝臓がんへと進むケースが非常に多いです。

 

特に肝臓がんの約80%はC型肝炎が原因とされています。

 

肝臓がんが進行してすでに手が付けられない状態になってから発見されることも多いのが現状です。

 

C型肝炎ウイルスに感染した段階で発見できていれば、治療をうけ肝硬変や肝がんに至らなかったのに、と悔やんでも悔やみきれない人も多くおられます。

 

C型肝炎感染から約20年で肝硬変を発症すると言われています。

 

この段階では手掌紅斑や黄疸、腹水などの目に見える症状や、鼻血が出やすくなったり、一旦出血するとなかなか止まらないといった分かりやすい症状が出ることがあります。

 

しかし、こういった症状も後々振り返って、「あー、そうだった。あの時確かにこんな症状があった」と思うもののその時には気に留めない方が多いのが現状です。

 

ですから、何も自覚症状がなくてもC型肝炎の検査を受けてみることは大切です。

 

病院と検査キット、それぞれの料金

C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べるには基本的に血液検査が必要です。

 

病院の消化器内科で検査を受けることができます。

 

その時に気をつけたいのは「C型肝炎の検査をしてください」といった場合保険適用されず全額負担になってしまうということです。

 

基本、2種類の検査があり、HCV抗体検査が8,000程度。HCV-RNA測定は16,000円程度です。

 

「こうこういう症状があるので」と言い「C型肝炎の疑いありなので検査しましょう」となれば保険適用になり3,000円くらいからです。

 

しかし自覚症状はないけど調べておきたい、というときには難しいですね。

 

病院の場合は初診料が別途かかってきます。

 

最近は、性病検査キットの中でC型肝炎ウイルスを検査できるようになりました。

 

例えばふじメディカルの検査キットでC型肝炎の検査が3,300円です

 

その他、HIV、梅毒、クラミジア、B型肝炎など9項目で12,000円のセットにもC型肝炎の検査が入っているのでかなりお得になると思います。

 

STD研究所の検査キットでは、B型肝炎とC型肝炎を同時に検査できて、4,860円です。

 

自覚症状はないけれど、検査しておきたいという方には検査キットを使用しての検査のほうが確実にお得だと思います。

 

病院での初診料もかかりませんし、保険適用されているときとほぼ同じ、もしくは少し安い価格で検査ができるからです。

 

まとめ

C型肝炎は自覚症状がないまま進行し、肝硬変や肝がんに至る危険がある大変厄介な病気です。

 

でも、C型ウイルスに感染していることに早いうちに気づいて治療できれば、C型ウイルスを除去することができます。

 

それにより肝硬変や肝がんの予防になりますね。

 

深刻な状態になるリスクを回避するために、まずは受けておきたいC型肝炎ウイルスの有無を調べる検査は、検査キットが便利でおすすめです。

 

病院に行くよりも費用や時間の面でかなりの節約になります。

 

C型肝炎ウイルスの有無と同時に、性病や性感染症の検査をまとめて行うこともできます。

 

気になることが少しでもある方はぜひこの機会にいろんな検査を受けておきましょう。

 

どんな病気に関しても効果的な予防、対策はまず検査から!ですよ。

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる