HIVの検査と不安の日々

病院に検査に行くと高額になる上に、家族にバレる可能性が!

病院で性病の検査を受ける場合、感染している症状が出ていることが前提となります。

もし感染している症状が出ていない状態で検査を受けると、保険の適用外になり高額な検査費用を請求される可能性があります。

また、保険適用で受診したとしても家族にバレる可能性が格段に上がります。

なぜなら、保険証の内容は年数回家に届けられるためです。

その時に「どの病院の」「何科」に行っていたかがバレてしまいます。

もしそれを自分以外が最初に見てしまったら・・・。

なお、性病検査を受ける方法は病院や泌尿器科だけではありません。

下記のような性病検査キットでも、家族にバレずに検査をすることが出来ます。

また、保健所での無料検査も実施されています。

それぞれのメリット・デメリットを確認した上で選ぶようにしましょう。

性病検査を自宅で行ってもバレないキットとは?
性病検査キットはドラッグストア・薬局で買えるのか?
性病検査は保健所で調べられる?

ちなみに、性病検査キットを買うのであれば「最大12種類の性病」を一度に調べられて
しかも「最短1日」で結果が出るGME医学研究所のキットがおすすめですよ!

GME医学検査研究所

  • 検査結果は最短翌日で確認可能
  • 自宅以外の受け取りであれば、匿名での注文が可能
  • 自宅に送る場合も、会社名を隠して送ってくれます
最大12種類の病気に関して調査可能
B型肝炎/C型肝炎/HIV / エイズ/梅毒/淋菌/クラミジア/トリコモナス/カンジダ/のど淋菌/のどクラミジア/HPV(女性)/子宮頸がん

最多検査項目数を誇る
他の性病検査キットよりも3項目以上多い、12項目の検査が可能

>>GME医学研究所の公式サイトを見てみる

HIVの検査と不安の日々

性行為から数週間たったある日、私は熱にうなされていました。

 

周りに風邪を引いている人もおらず、病院に行ってもらった薬を飲んでもなかなか熱が下がらなかったので、ふとHIVの初期症状で高熱が出る場合があるというのを思い出してしまったのです。

 

ちょうどリンパ腺も腫れていたので、一気に不安が押し寄せてきました。早いうちに検査をしたいと感じましたが、行為から三ヶ月経過しなければ抗体が作られずちゃんとした結果を得る事ができないのも知っていたので、待つ事にしたのです。非常に長く感じた三ヶ月でした。

 

検査の方法は検査キットを購入して行いました。今回は熱も出ていた事もあり、保健所で万が一陽性反応が出てしまったら平常心ではいられないような気がしたので、自分で検査をする事にしたのです。血液を採取し、およそ一週間後に私のメールアドレスに結果が書かれてあるURLが届きました。

 

結果は変わらないにしてもこのときだけは『陰性でありますように』と毎回願ってしまいます。幸いにも、HIVをはじめ他の性感染症も陰性の結果でした。性感染症の検査は、まだまだ受けた事のない方が多いと思います。

 

ですが、可能性を考えればゼロではない方が少ないのではないでしょうか?性感染症は自分だけの問題ではないのです。

 

どうしても保健所に行くのが面倒だという理由で検査を受けていないのであれば、病気になる前の予防として検査キットを活用してもらいたいです。