ファッションヘルス(箱ヘル)で感染する可能性のある性病とは

ファッションヘルス(箱ヘル)ではどんなプレイをするの?

ファッションヘルス(箱ヘル)は店舗型の風俗店の中でも、知名度もサービスも程良いところに位置しているため、「気軽に風俗で遊びたい」と考えている男性にピッタリです。

 

  • 風俗街の店舗の中に個室が設置されている
  • ヘルス嬢とキスやフェラ、手コキや素股などのプレイをする
  • タイミングが良ければ待つことなくプレイできる
  • 交通費やホテル代は不要なので比較的安い料金で遊べる

 

このような特徴があり、「他のお客さんと顔を合わせるのが気まずい」という方は高級ヘルスを利用するのが良いでしょう。

 

ファッションヘルス(箱ヘル)で感染する可能性のある性病とは?

基本的にファッションヘルス(箱ヘル)では本番NGで、フェラチオや素股までと決められています。

 

そのため、「性病に感染する可能性は低いだろう」と考えている男性は少なくありません。

 

しかし、挿入はNGでも以下の行為をファッションヘルスでは行うので、性病に感染する危険性は十分にあります。

 

  • フェラチオ
  • ディープキス
  • 69(シックスナイン)
  • 全身リップ
  • アナル舐め(リミング)
  • 素股

 

素股では女性の性器と男性の性器と粘膜が密着する形となり、相手が性病を持っていれば感染してしまうのです。

 

数年前には、京都のファッションヘルスで働くヘルス嬢が淋病の特効薬が効かないスーパー淋菌に感染していたとしてニュースでも報道されました。

 

淋病は雨の林の中で木々の葉からポタポタと雨が落ちるイメージから名付けられ、尿道が痒くなったりペニス全体が腫れ上がったりといった症状が出ます。

 

他にも、ファッションヘルスで感染する可能性のある性病を幾つか見ていきましょう。

 

  • 梅毒
  • クラミジア
  • 咽頭クラミジア
  • トリコモナス
  • 尖圭コンジローマ(HPV)
  • 咽頭淋菌
  • ケジラミ

 

本番行為がないのでHIVのリスクは低めでも、他の性病の危険性はあると頭に入れておくべきです。

 

ファッションヘルス(箱ヘル)では定期検査しているから安心なのでは?

近年では店舗型のファッションヘルス(箱ヘル)の規則や立ち入りが厳しくなりました。

 

不法営業しているところは大分少なくなりましたし、定期的な性病検査が実施されています。

 

しかし、ヘルス嬢に対して毎日行っているわけではなく、どんなに多くても1ヵ月に1回程度のペースです。

 

  • コンドーム無しでフェラチオをしてもらっている
  • 安いからといって不衛生な店舗で遊んでいる

 

このようなケースでは、性病を完全に予防することはできません。

 

初期症状なく少しずつ進行する性病も中にはあるので、「性病を患っているのでは・・・」と不安を抱えている男性にはGME医学検査研究所の検査キットをおすすめします。

 

群馬大学との共同研究開発により、自宅での検査の精度を高めることに成功しました。

 

最新分析機器を使った遺伝子検査を導入し、病院へと行かずにあらゆる性病の検査を受けられるのでファッションヘルスの利用が多い男性は検査キットを使ってみてください。

 

>>男性用のGME検査キットを見てみる

 

風俗で性病を患わないように予防するには?

GME医学検査研究所の検査キットは性病の予防ではなく、あくまでも感染していないかどうか確かめるためのグッズです。

 

ファッションヘルス(箱ヘル)などの風俗で性病を患わないようにするには自分で予防しなければならず、どんな方法が良いのか幾つか挙げてみました。

 

  • 安かろう悪かろうでは意味がないので、不衛生なお店にはなるべく近寄らない
  • 本番行為ではなくてもフェラチオや素股をしてもらう時はコンドームを装着する
  • プレイの前後だけではなく自宅へと帰った後もお風呂へと入ったり歯磨きをしたりする

 

中でもコンドームは性病の予防に役立ち、女性の性器の粘膜と接触するのを避けられるので本番行為がNGの風俗でも装着すべきです。

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる