クラミジアの検査で当初陽性の結果が実は陰性だったという話

私は以前、風俗などの夜遊びスポットにちょくちょく通っていたのですが、ある時、性病の事を考えるとかなり不安になってきました。

 

よくよく考えると、私はそれまでエイズや梅毒の検査をしたことがありませんでした。

 

特に思い当たる症状はありませんでしたが、本当に私は性病にかかっていないのか不安に思うようになり、ネットで色々調べものをすることにしました。

 

すると、全国の各地方自治体でエイズや梅毒などの性病の検査を無料でやっているということを知りました。

 

無料ならば気軽に利用できると思い、ある政令指定都市の実施している性病検査を受けることにしました。

 

しかし、実は私はこの政令指定都市に住んでいません。

 

その隣の都市に住んでいます。

 

私の住んでいる都市でも無料の性病検査は実施されています。

 

では、なぜ自分の住んでいるところで検査しなかったのかというと、もし、知り合いや近所の人に見られたりすると恥ずかしいと思ったからです。

 

ですから、自分の家からある程度離れたところにある場所で検査をすることにしました。

 

 

この検査についてはあらかじめ電話で問い合わせをして、住民でなくても検査を受けられるのかと聞いてみました。

 

すると、担当者の方は、住民でなくても検査を受けられますと回答しました。

 

それで、特に予約もせずにある区役所の一角にある性病検査のコーナーを訪れました。

 

そこには年配の女性の看護師のような方が一人いました。

 

まず、問診票のようなものに自分のことを記載しました。

 

その後、その女性が注射器で私の腕から採血してしました。

 

そして、一週間後に結果を連絡するのでもう一度来てほしいということで訪問しました。

 

そこで結果を言われて少しびっくりしました。

 

エイズと梅毒に関しては陰性だったのですが、クラミジアが陽性と言われたのです。

 

自覚症状が全くないのでかなり驚きました。

 

担当の女性からは、なるべく早く病院に行って検査と治療を受けて欲しいと言われたので、その言葉に従い泌尿器科に行きました。

 

泌尿器科に行ったら、まず、尿検査をしましたが、結果が出るのは一週間以上先とのことでした。

 

しかし、結果が出る前にクラミジアを撃退する薬のジスロマック4錠を一度に全部飲んでくださいと先生に言われて処方箋が出ました。

 

それで、家でジスロマックを飲んだ後、指定の日に検査の結果を結果を聞きに行きました。

 

すると、クラミジアは陰性とのことでした。びっくりして質問してみると、クラミジアの血液検査の場合、陰性でも陽性の判定が出ることがあるそうです。

 

ちょっと驚きましたが、結局性病にかかってなかったということで、安心できたので納得して帰りました。

 

でも、なんだかんだ言ってもエイズや梅毒の検査が無料で受けられるのはとてもありがたいことです。

 

なので、今後も地方自治体で行われている無料の性病検査を、心当たりがあったときは利用しようと思っています。

 

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる