男の性病検査の必要性なのか、また受ける際の注意事項

「ちょっとした気晴らしに風俗に」のつもりがそこでありがたくない性病をいただいて帰ることも少なくありません。

 

さらに言えば、風俗だけが危険なわけではありません。

 

最近では性病感染者の低年齢化と中高年の間にも蔓延という両極端な傾向が懸念されています。

 

幅広い年代に性病菌保持者がいるということですね。

 

性病の中には自覚症状が薄いものが多く、重症化して初めて検査を受けるというケースが多々見受けられます。

 

その間に感染ルートを広げてしまう、極めて好ましくない悪循環があります。

 

特に男性の方が自覚症状が少ないことが多いと言われています。

 

しかし、自覚症状がないからと、何の検査もしないのはとても危険です。

 

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる

 

男性の性病検査の必要性とは

男性が性病検査を受ける必要性をしっかり意識しておくことは大切です。

 

例えば、性病に感染した状態に気づかず放置してしまった場合どんなリスクがあるのでしょうか?

 

または、性病かもしれないと思いつつも検査を受けないままであった場合はどうでしょうか?

  • 感染を広げてしまう
  • 不妊症になる
  • ガンになるリスクが高まる
  • 死亡率があがる
  • HIVにかかる可能性が高くなる

 

簡単にあげるだけでも、数々のリスクがあります。

 

女性の場合、性病が妊娠や胎児に与える影響が不安になる例が多いのですが、男性側にその意識が少ないのが問題です。

 

男性が性病にかかった場合も不妊症になります。

  • 尿道炎を悪化させると精子の通り道が封鎖される
  • 炎症が精巣に進み精巣上体炎になると精子が作られなくなる
  • 梅毒の場合、神経梅毒にかかり勃起障害になる

といった例は珍しいことではないのです。

 

肝硬変や肝がんの大きな理由が肝炎であることはよく知られていますね。

 

肝炎も無症状で見過ごされることが多い病気の代表例です。

 

性病になったからすぐ死ぬ、ということはありません。

 

でも放置されていると多臓器不全になったり、免疫の低下で他の性病にかかる率もグンと上がります。

 

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる

 

無自覚の性病をオーラルセックスで移してしまうことも

男性が無自覚の性病を持っている場合一番心配なのは、無意識のうちに感染を拡大させてしまうことです。

 

感覚としては個人差がありますが、なんとなく「オーラルセックスは浮気にはいらない」という意識の男性は多いのではないでしょうか?

 

特にフェラチオなどはマスターベーションとそうそう変わりないという感覚の人が多いようです。

 

そのため、フェラチオなどのオーラルセックスを通して性病が広がりを見せているのが現状です。

 

特にのどクラミジアやのど淋菌に感染する人が増えています。

 

男性の性器から女性ののどへ、のどに感染した女性から他の男性の性器へと無限のループが繰り返される可能性があります。

 

この場合、本当に軽い気持ちでセックスをしているので感染源を特定することすら難しくなります。

 

男性側が定期的な性病検査を受けることがいかに大切かお分かりいただけると思います。

 

性病検査を受けようと思う場合、注意していただきたいことがあります。

 

それは、例えば今日少し不安になるようなセックスをしました。明日病院に行こう!ではまず結果に現れません。

 

なぜなら性病には潜伏期間があるからです。

 

少し日にちを置いて、しかし迅速にと、タイミングを計るのは少し難しいかもしれませんね。

 

さらに最近の性病検査は尿検査などで行われます。

 

この際に頻繁に排尿をした状態では運よく菌が排出されたときに検査、そして陰性判定になることがあります。

 

正確な検査結果を得るためには、少なくとも2時間以上は排尿を我慢した状態の尿で検査をしてほしいと思います。

 

病院やクリニックで検査をするときにこうしたタイミングを合わせにくいと思われる方は自宅でできる検査キットでの検査がおすすめです。

 

検査キットは、指示に従って自分で検体をとって、郵送するだけですから病院に行くタイミングなどで悩む必要がありません。

 

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる

 

まとめ

自分が無意識にとはいえ、性病感染を拡大してしまう原因にならないために、定期的に性病検査を受けることは大人の責任ともいえるでしょう。

 

特に自覚症状がないにしても検査を受けるようにしてください。

 

少し、不安なセックスがあった方はなおさらです!

 

自覚症状がない場合、病院で検査するとほとんど保険適用が効かないため全額自費検査になります。

 

「高いな」と感じる方は、郵送の検査キットを利用するといいでしょう。

 

各社少々の違いはありますが8-12項目ほどの検査を受けることができます。

 

1項目あたり1,300円ほどというお手頃検査キットもあるので、定期的に検査を受けるとしてもそれほど大きな負担にならずに済みますね。

 

検査結果はネットで、またメールや郵送でと選べるので、誰にも(家族にも)知られずに検査することも可能です。

 

検査キット自体も郵便局留めなどで受け取ることも可能です。

 

「そんな検査しなければならないことがあったの?」と追及されるのが怖い方も安心ですよ。

 

性病検査を受け安心してセックスを楽しんでください。

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる