ピンクサロン(ピンサロ)で感染する可能性のある性病とは

ピンクサロン(ピンサロ)ではどんなプレイをするの?

ピンクサロン(ピンサロ)は現代風俗の走りとも言われている場所で、手コキやフェラチオなどの性的サービスが一般的です。

 

大きなフロアに仕切りが立てられていて、お客さんと女の子が二人きりになります。

 

シャワーやベッドなどは用意されていないため本番行為や素股はNGですし、おしぼりで性器を拭いた後に座ったままフェラや手コキをしてくれるのです。

 

  • 飲み物を注文して軽くおしゃべりをする
  • 女の子に対してお触りをするのもOK
  • 場合によっては手マンが可能

 

こういったプレイも可能で、キャバクラに性的なサービスが加わった場所だと考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。

 

ピンクサロン(ピンサロ)で感染する可能性のある性病とは?

ピンクサロン(ピンサロ)では、女性が責めて男性が受けに回るプレイを行う形となります。

 

  • 女性にフェラチオをされるだけだから性病の感染のリスクは少ない
  • 性器と性器が触れ合うことがないから安全性はかなり高い
  • 自分からクンニをしなければ性病の心配はない

 

このように考えている男性は多いのですが、ピンサロでも少なからず性病のリスクはあるので注意しなければなりません。

 

以下では、具体的にピンサロで感染する可能性のある性病を幾つか挙げてみました。

 

  • クラミジア:日本で最も感染者の多い性病で、HIVや梅毒の感染率がアップしたり慢性前立腺炎のリスクが高まったりする
  • 咽頭クラミジア:喉に発症するクラミジアで、主に男性の性器をフェラチオする女性が発症する
  • 淋菌:男性の感染者数が非常に多く、黄色のドロドロした膿が出たりペニスの先が痛んだりする
  • 咽頭淋菌:喉に発症する性病で、「喉の痛み」「扁桃腺の腫れ」「痰が出る」といった症状が一般的

 

コンドームを装着せずに生でフェラチオを行うため、サービスを提供する女性も提供される側の男性も性病を患う可能性があります。

 

一番危険な性器同士の接触がない風俗なので危険性はそこまで高くないものの、絶対に発症しないとは言い切れません。

 

それに、喉の性病はディープキスだけでも感染するので、男性でも咽頭クラミジアや咽頭淋菌のリスクは十分にあり得ます。

 

咽頭クラミジアや淋菌は自覚症状がないので注意!

ピンクサロンで感染する可能性のある咽頭クラミジアや淋菌は、自覚症状がほとんどないので注意した方が良いでしょう。

 

  1. 咽頭クラミジアや淋菌に感染すると1週間~3週間の潜伏期間を経て発症する
  2. 初期の状態では無症状のケースが非常に多い
  3. 症状が出ても喉の軽い痛みや扁桃腺の腫れだけ
  4. 風邪の症状と全く見分けがつかない

 

このような特徴があり、「夏風邪だと思っていたけれど実は性病だった」というケースはあります。

 

見た目上ではしっかりと判断することができないので、ピンサロで遊ぶ機会の多い男性にはGME医学検査研究所の検査キットの使用がおすすめです。

 

自宅で性病の有無を把握でき、GME医学検査研究所の検査キットのメリットや特徴を幾つか挙げてみました。

 

  • ローコストパッケージが安いので金銭的な負担が少ない
  • 他社の検査キットとは違って送料や手数料が無料
  • 検査結果が出るまでのスピードが非常に速い
  • 平日の17時までの注文であれば即日発送してくれる
  • どんな性病でも信頼性の高い検査が実施されている

 

料金の安さや検査スピードの速さで注目を集めていて、当然のように病院へと足を運ぶ必要はありません。

 

様々な症状から対応商品を探すことができるので、GME医学検査研究所の公式サイトで確認してみてください。

 

>>男性用のGME検査キットを見てみる

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる