子宮頸がんの症状および検査キットでチェックできること

子宮頸がんという病気は女性ならではの病気であり、発症は20代~30代がピークと言われています。

 

しかし、若年層のがんは進行が非常に早く、死亡原因の第1位として挙げられています。

 

そもそも女性特有の病気は、初期症状が乏しいことから、医者でも見落としてしまうこともあるものがほとんど。

 

発見した時にはかなり進行してしまっていたということも、よくあることです。

 

  • おりものに臭いや色がつく
  • 不正出血がある
  • 性行為を行うと出血する

このような症状は、他の病気にも見られる症状で、子宮頸がん以外の病気の可能性もあります。

 

ですが、「自分には、無縁の話だ」と思わず、少しでも当てはまるものがあったら、子宮頸がん検査キットや、子宮頸がんの原因となる、ヒトパピローマウィルス(HPV)検査キットを使用することで、自宅で簡単に検査が行えます。

 

一昔前までは、子宮頸がんや子宮がんは、閉経後の40代〜50代に多く見られる病気でした。

 

ですが、性行為を行う年齢が若年化している現代では、20代〜30代に多く見られるようになってきました。

 

若いからといって、油断できるわけではありませんし、若ければ若いほど進行が早いため、とても怖い病気なのです。

 

>>GME医学研究所のホームページで検査キットを見てみる

 

子宮頸がんの症状

冒頭でも少し触れましたが、女性特有の病気は初期症状が乏しく、子宮頸がんもまた、初期症状がほとんどないため、なかなか身体の異変に気づきにくいと言えます。

 

子宮頸がんの症状として、次のようなものがあげられます。

  • 月経以外で不正出血がある
  • おりものに褐色(血が混じる)、茶色の色がつく
  • 性行為の際に出血がある

このような症状があったとしても、痛みなどがないため、放置してしまうことが多いようです。

 

また、子宮頸がんが進行すると、尿道や膀胱が押されて、頻尿や排尿困難を引き起こします。

 

さらに、下腹部の痛みが起こり、お腹付近の臓器に転移した場合は、様々な症状も現れてきます。

 

子宮頸がんを放置すると起きること

子宮頸がんは、若年層においては非常に進行が早く、初期症状に気づくことは非常に難しく、気づいた時には末期だったという場合も、少なくはありません。

 

他の癌と同様に、ステージがあり、ステージが上がるごとに治療や完治は難しくなります。

 

それに伴い、5年生存率は、ステージ1で90%、ステージ5で20%と、かなりの差がでます。

 

子宮頸がんを放置すると、排尿障害や不妊症に加え、臓器に転移した場合は、臓器関係の症状、激しい痛みなどを伴います。

 

また、脊椎に転移すると、激しい腰痛の原因になります。

 

一例ではありますが、不正出血を放置して大量出血を引き起こしてしまったという事例もありました。

 

一括りで言ってしまえば、子宮頸がんに限らず、癌全般においては、放置すると様々な部位に転移し、自分の寿命を縮めてしまうということです。

 

ですから、早期発見に至ることで、生存率が高いうちに治療や手術を行うことが、重要な鍵となるのです。

 

子宮頸がんの検査相場(病院と検査キット)

子宮頸がんの検査は、産婦人科や総合病院では、約15,000円と、高額になります。

 

基本検査は、3,500円〜6,000円ですが、ほとんどが精密検査を要されるため、約15,000円が相場になります。

 

また、当日に検査結果が出ないため、後日改めて検査結果を聞きに行かなければいけないので、受診料と合わせると、2万円近くになります。

 

子宮頸がん検査キットは、メーカーにもよりますが、約4,600円〜9,000円が相場となり、病院に通うよりも安く済みます。

 

「9,000円は高い」と思うかもしれませんが、これには理由があり、子宮頸がん単体の検査キットと、子宮頸がん+ヒトパピローマウィルス検査キットのセットと、各種組み合わせがあるため、検査キットの価格に違いが出てきます。

 

というのも、ヒトパピローマウィルスは子宮頸がんの原因ではありますが、悪性・良性とあるため、必ずしも子宮頸がんになるというわけではありません。

 

ですから、自分が何を調べたいのかを把握し、キットの組み合わせを選ぶことができます。

 

詳しくはこちらのページから確認してください。
>>GME医学研究所のホームページで検査キットを見てみる

 

また、病院でヒトパピローマウィルスの検査を合わせて行うと、2万円を超えてしまうので、病院で検査をするよりも、検査キットを使用することをお勧めします。

 

まとめ

現代社会においては、若年層の子宮頸がん患者が増えつつある中で、各市町村の自治体なども、子宮頸がん検診や子宮がん検診などを、より勧めるようになりました。

 

不特定多数の性行為は、子宮頸がんだけでなく、様々な病気も引き起こし、また、その数だけ泣く女性はたくさんいます。

 

ですから、パートナー以外との性行為を避け、自分の身体は自分で守らなければいけないのです。

 

不特定多数の性行為により、病院に行きたくても、恥ずかしくて行けないという女性にとって、子宮頸がん検査キットは、強い味方となってくれます。

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる