ドラッグストア・薬局で買える性病検査キットはあるのか?

 

性病検査キットは、病院に行かなくとも自宅などで検査の結果がわかるようになっている便利なものです。

 

インターネットの通信販売などで入手することができますが、薬局には売られていません。

 

これは当分は変わることはありませんので、薬局を探しまわるといったことをしても無意味になってしまいます。

 

最短で結果が分かる性病検査キットがほしいという方は、GME医学検査研究所を是非お試しください。

 

検査結果の確認が最短翌日に出来ますし、一度で12種類の性病を検査することが出来ます。

 

>>最短翌日に結果が分かる、GME医学検査研究所のホームページを見てみる

 

性病検査キットが薬局で買えるのはアメリカだけ

 

日本と違い、アメリカでは性病検査キットが薬局で売られています。

 

これはFDA(アメリカ合衆国食品医薬品局)からドラッグストアでの販売が許可されたからです。

 

これによって、アメリカでは通販ではなく薬局やドラッグストアで購入できるようになりました。

 

しかし日本では薬局で販売する許可が降りていませんので、まだ薬局などで購入することは出来ません。

 

ちなみにこのアメリカで販売されている性病検査キットは郵送のものではなく、その場で結果がわかるタイプのものです。

 

自宅検査と郵送検査はどちらがいいの?

アメリカで販売されている「その場で結果がわかるキット」が販売されれば、検査結果が分かる時間が大幅に短縮されます!

 

しかし自宅検査と郵送検査にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

郵送検査のメリット

郵送検査のメリットは、検査項目の種類の多さと結果の信憑性の高さです。

 

アメリカで売っている自宅検査タイプのものは、HIVの感染有無しかチェックできません。

 

しかし日本の性病検査キットでは9種類から12種類の性病のチェックを1回の検査で行うことが出来ます。

 

さらには、郵送したものを市区町村が認めているレベルの検査機関で調べてもらえるので、自分で検査してチェックしてというものとは精度が段違いです。

 

よって僕は郵送検査でなるべく一度に大量に調べてもらうほうが良いと思います。

 

>>性病の検査項目が多い順 おすすめ検査キットランキング

 

郵送検査のデメリット

郵送検査のデメリットは、なんといっても時間でしょう。

 

通販サイトで購入した後に郵送してもらい、自宅で検査をしてから再度郵送する。

 

そこから再度郵送して検査してもらうので、購入から最低でも4日から5日はかかってしまいます。

 

その点自宅検査のタイプは購入してその場で結果がわかりますので、スピードはかなり早いです。(残念ながら、日本では自宅検査タイプのキットは売られておりませんが・・・

 

なお「結果がわかるまでの期間が気になる」という方のために、最短で結果がわかるキットを紹介しています。

 

興味のある方は下のリンクから見てみてください!

 

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる

郵送の性病検査のメリットとは

日本においての主流はまずネットなどで検査キットを申し込み、自分で検査に必要とされる検体を採取したのち、郵送で送り検査してもらうという方法ですね。

 

この検査は、各都道府県に届け出がなされている登録衛生検査所で行われます。

 

実際、病院で検査を受けた場合でもこうした登録衛生検査所に送り検査をしてもらっていることが多いようですから、正確性は病院と同じです。

 

安心して利用できますね。

 

検査キットの安全性と正確性が信頼できるとしたら、郵送の性病検査が断然おススメです。

 

メリットをあげてみましょうか。

 

性病検査キットのメリット

1.プライバシーが守られる

これはとても大切なことです。

 

病院に行くのをためらう大きな理由はやはり誰かに知られるのではないかという不安が大きいですね。

 

性病にかかることを心配するような行為があったのか、と思われることも不安ですね。

 

その点、郵送の検査は誰にも知られず行えます。

 

検査キットも友人のような名前で送ってくれたりしますから、家族にも知られず検査できるので安心です。

 

2.検査種類の多さ

郵送での検査キットは9種類から13種類ほどを一回の検査で行えるという利点があります。

 

各社により多少違いがありますから先にチェックしておいたほうが良いですね。

 

3.検査結果が分かるまでの時間

検査結果が分かるまでの時間が短い、というのも利点です。

 

最短では2日ほどで結果が分かります。

 

検査結果が分かるまでは不安なものです。

 

そんな時間はなるべく短いほうが良いですね。

 

4.いつでも検査可能

病院なら診察時間中に、保健所ならなおのこと毎日検査をしてくれるわけではありません。

 

その点検査キットは自分で自分の好きな時間に検査できるというメリットもあります。

 

特定のパートナーがいる場合は一緒に検査をすることをお勧めします。

 

5.万が一性病の判断された場合、検査結果を病院に持っていける

これは、信頼できる機関で検査しているからこそできる話です。

 

万が一性病と判断された場合、病院に言って治療を受けることが必要ですが、検査結果を持っていくことができるので時間と費用に短縮になります。

 

また、ある程度気持ちを落ち着けてから行くことができますね。

 

まとめ

アメリカではドラッグストアでも購入できる性病検査キット。

 

日本ではドラッグストアにも薬局にも売られていない、手軽に手に入らないと思いがちですが、そんなことはありません。

 

ネットで気軽に購入可能です。

 

しかも、安全性と正確性が病院にも引けを取らない、非常に高性能の検査キットが購入できるのです。

 

性病であるかどうかは、とてもナイーブな問題です。

 

絶対に信頼できる製品を選ぶというのは必須条件になってきます。

 

ですから逆に、日本の薬事法にのっとって行われる安全な検査キットに感謝できるでしょう。

 

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる