女性の性病検査の必要性と注意事項とは?

少し前の世代では。女性の性病は風俗で働く女性に限定されるという意識がありました。

 

しかし、現在は日本でも多くの方が性に対して開放的な見方を持つようになったため、各年齢層で性病、性感染症にかかる人が多くなっています。

 

また一昔前までは一般的ではなかったフェラチオなどを含むオーラルセックスに対して多くの方が比較的軽いとらえ方をするようになったため、性行為が多様化し、性感染症も多様化していると言えます。

 

のどクラミジアなどの感染が急増しているのはこういう背景があると思われます。

 

逆に、こうした背景があるため、多くの女性が性感染症に関心を持ち、検査をするようになっているのは良いことですね。

 

実際、女性が積極的に性病検査を受けることは本当に大切です。

 

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる

 

女性の性病検査の必要性とは

  • 女性の方が性病が重症化しやすい
  • 自覚症状がない性病にかかる率が高い
  • 性病が不妊症につながりやすい
  • 出産時、胎児に影響が出やすい

簡単に理由を見てみるだけでも、女性が性病検査を受ける必要性が十分に理解できますね。

 

例えば、淋菌に感染した場合女性は子宮頚管に炎症がおきます。

 

オリモノが増えるといった比較的分かりにくい症状が多く重症化させることが多いと言われています。

 

妊娠中に女性が感染すると出産時に赤ちゃんに感染し、淋菌性結膜炎などをおこすことがあります。

 

クラミジアに感染した場合も、子宮頚管や卵管に炎症が起き、不妊や流産の原因になります。

 

また新生児が肺炎や結膜炎をおこすリスクも高いのです。

 

膣トリコモナス炎に感染した場合は、卵管炎の原因になり不妊に速結する危険な症状です。

 

また流産や早産の原因にもなります。

 

こうした菌がいかに女性の体を痛めつけるか考えるだけでもしんどいですね。

 

性病など菌による感染は、やはり湿った一定の温度のほうが感染力が強くなります。

 

女性器は男性器よりも湿った状態で外気に触れずにいることが多いので、感染しやすい状況にあるのです。

 

ですから、女性側が積極的に性病検査を受け、自分の体を守っていくことが大切です。

 

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる

 

女性の性病検査は何科で受けることができる?

女性の性病検査は基本、婦人科・産婦人科で受けることができます。

 

性病科に行くこともできますが、自覚症状がない時に性病科に行くのは少し気が引けますね。

 

女性が性病検査の大切さを理解しても、なかなか検査に行けない理由は、「婦人科、産婦人科」に行きにくいという理由があるようです。

 

女性の先生が多く、プライバシーを守ってくれるような配慮がなされていますが、そういう場所に性病検査を受けに行くのは辛い、という考えの方が多いようです。

 

性病検査という名目で言った場合、保険が適用されず高いというのも不安要素になるかもしれません。

 

そういう場合は、性病検査キットを使うといいでしょう。

 

性病検査キットの特徴は下記のとおりです。

  • 自分で検体を採るため恥ずかしくない
  • 誰にも知られず検査を受けることができる
  • 料金が安い
  • 匿名で検査可能
  • 検査結果が分かるまでの時間が短い
  • 女性用の検査キットもあり、分かりやすい
  • 選べる検査項目が多い

 

 

メーカーによっては、男女ペアで受けられるものやブライダル検査と銘打たれているものもあり、女性が検査を受けやすい空気づくりをしてくれています。

 

  • 今のところ気になる症状はないが、複数とセックス経験があるので不安だ
  • ホルモンバランスが崩れているだけなのか、性病にかかっているのか分からない
  • 以前付き合っていた人が性感染症になっていたとうわさで聞いた
  • 以前性感染症にかかっていたが、完治しているのかどうか知りたい

など、気になる点がある人はまず検査キットを試してみましょう。

 

料金もかなりお手頃となっています。

 

例えば大手メーカーふじメディカルさんでは1項目あたり1,280円での検査が可能です。

 

他のメーカーも2,000円前後が多いですから気軽に検査を受けられます。

 

検体を送り返し到着してから最短2日ほどで結果が分かるというスピード感も、不安な気持ちを長引かせたくない女性に向いていますね。

 

まとめ

性病にかかったまま、適切な治療を受けずにいると、不妊症や流産の原因になりかねません。

 

また新生児への影響も懸念されます。

 

これといった症状がないまま性病にかかっている場合、自分のパートナーやセフレに性病感染させる可能性もあります。

 

そうなると自分の周囲の不特定多数の人に影響を与えてしまいますね。

 

信頼している相手とはいえ、パートナーが絶対に性感染症を持っていない、という保証も残念ながらありません。

 

性病検査キットなら気軽に性病チェックを行うことができます。

 

  • 自分の健康を守るため
  • 自分とセックスする人を守るため
  • 生まれてくる赤ちゃんの健康を守るため

性病検査を定期的に受けましょう。

 

性病は一人だけの問題ではありません。

 

できればパートナーにも一緒に受けてもらえるとなおいいですね。

>>最短で検査結果が分かるキットのランキングを見てみる