あおぞらクリニック、日本初・クリニックのHIV遺伝子検査を開始

病院に検査に行くと高額になる上に、家族にバレる可能性が!

病院で性病の検査を受ける場合、感染している症状が出ていることが前提となります。

もし感染している症状が出ていない状態で検査を受けると、保険の適用外になり高額な検査費用を請求される可能性があります。

また、保険適用で受診したとしても家族にバレる可能性が格段に上がります。

なぜなら、保険証の内容は年数回家に届けられるためです。

その時に「どの病院の」「何科」に行っていたかがバレてしまいます。

もしそれを自分以外が最初に見てしまったら・・・。

なお、性病検査を受ける方法は病院や泌尿器科だけではありません。

下記のような性病検査キットでも、家族にバレずに検査をすることが出来ます。

また、保健所での無料検査も実施されています。

それぞれのメリット・デメリットを確認した上で選ぶようにしましょう。

性病検査を自宅で行ってもバレないキットとは?
性病検査キットはドラッグストア・薬局で買えるのか?
性病検査は保健所で調べられる?

ちなみに、性病検査キットを買うのであれば「最大12種類の性病」を一度に調べられて
しかも「最短1日」で結果が出るSTD研究所のキットがおすすめですよ!



  • 唯一の「郵送検査認定事業者」なので、検査精度を信頼できる
  • 検査結果は最短翌日に確認可
  • マイページでチャットでも相談可
  • 陽性の場合、全国43,000の医療機関との連携あり
最大12種類の病気に関して調査可能
クラミジア/淋菌/トリコモナス/カンジダ/ 一般細菌/ヒトパピローマウイルス(悪性型)/HIV(エイズ)/梅毒/B型肝炎/C型肝炎/クラミジア(のど)/淋菌(のど)

STD研究所のホームページを見てみる >

あおぞらクリニックのHIV検査

あおぞらクリニック(所在地:東京都港区 / 院長:内田千秋)は、同クリニック内に「性病遺伝子検査機器」を導入し、日本では初めてクリニックでHIVの遺伝子検査を開始しました。

 

現在、主流のHIVスクリーニング検査(第4世代抗原抗体検査)は、思い当たる行為から4週間経過していることが求められますが、遺伝子検査によって13日後に検査を行うことが可能となります。

 

性病検査キットランキング

※キャッシュレスで5%還元

 

人類にとって脅威となった「HIV・エイズ」

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、1970年代末期に発見され、その後、世界を震撼させた「HIV」の脅威もいまなお続いています。

 

日本のHIV感染者・エイズ患者累積報告数は、2018年末の時点で30,149人。

 

2016年の厚生労働省調査では、5人に1人に当たる、およそ5,800人が検査を受けていないために、HIV感染に気づいていない可能性を発表しています。

 

不治の病ではなくなった「HIV・エイズ」恐れずに早期発見を

ヒト免疫不全ウイルスの「HIV」に感染すると免疫能力が低下し、後天性免疫不全症候群、通称「エイズ」を発病。
免疫細胞が減り、さまざまな種類の肺炎や悪性リンパ腫を引き起こします。

 

近年は、適切な治療によって症状をコントロールしながら普通の生活を送ることが可能で、一般的な寿命を享受できつつあります。
2008年には、ベルリンで骨髄幹細胞移植の手術を受けた結果、HIV感染が治癒した患者も存在しています。

 

すでにHIV・エイズは不治の病ではありません。恐れることなく、エイズを引き起こす前にHIVの早期発見・早期治療を行うことが重要です。

 

思い当たる行為から4週間後に検査

現在、保健所や医療機関で行われている「HIVスクリーニング検査」は、第4世代抗原抗体検査が主流で、思い当たる行為から、少なくとも4週間経過していることが求められます。

 

検査の結果が陰性であれば、HIVに感染していないことになりますが、陽性または判定保留であれば「確認検査」を受ける必要があります。

 

日本で初めてクリニックに遺伝子検査を導入し、13日後に検査可能に

あおぞらクリニックでは、日本で初めて同クリニック内に「性病遺伝子検査機器」を導入し、遺伝子検査によるHIV検査を可能としました。

 

これは、コロナウイルスでも注目されるPCR検査と同様に、HIVの遺伝子を増幅してウイルスの存在を確認する検査で、NAT検査*ともいわれています。

 

HIVの遺伝子は感染の機会から13日後に検出することができるため、感染の早期発見につながります。あおぞらクリニックでは、当日~翌日に検査結果を提供することが可能です。

 

*NAT検査は、HIV1型のみを対象としていますが、日本ではほとんどがHIV1型であり、HIV2型の感染は非常にまれといわれています。したがって厚生労働省のガイドラインに則って、最終的にHIV感染を否定するためには、感染機会から3ヶ月経過後に第4世代抗原抗体検査をする必要があります。

 

定期検査で早期発見・治療が重要

HIV・エイズは不治の病ではありません。HIVに疑いがある場合は早期発見し、エイズの発症を抑制することが重要です。

 

あおぞらクリニックでは、高精度・短時間の遺伝子検査によって、1日も早く性病の結果を提供することで、患者の精神的な負担を軽減し、性病の定期検査の習慣を広げていきたいと考えています。

 

 

 

【あおぞらクリニック】

 

あおぞらクリニックは、即日精密検査や匿名診療、自由診療(保険適用外)、男女別診察性感染症専門クリニックとして、新橋院、新宿院を展開しています。HIV、クラミジア、梅毒、淋病、トリコモナスなどの性病、ED治療、精液検査に対応。グループ会社のあおぞら研究所( https://seibyou.net )では、ネットで購入することができる性病検査キット「おもいやりキット」を販売しています。


精度が高く、早く結果がわかるキットのランキングを見てみる >

※当サイト売れ筋順


【セイシラのLINE公式アカウント】 性病の相談はもちろんのこと、忘れがちな定期検診のリマインド機能も。 定期的な検診を身につけるために、ぜひご活用ください。