オーラルセックスで感染する性病とその症状とは

オーラルセックスで感染する性病


最近はセックスの前にオーラルセックスをしてお互いを高めあっていく行為が一般化しています。

 

オーラルセックスとは、「男性器をなめる(フェラチオ)」「女性器をなめる(クンニリングス)」行為を指します。

 

このような行為だけでは性病感染しないように思われがちですが、上記画像のような性病に感染する可能性が高いです。

 

これは下記いずれかの原因によって起こります。

 

  • パートナーの性器が性病に感染していた
  • パートナーの喉が性病に感染していた

 

特に怖いのは喉の感染です。 喉の感染はちょっと熱っぽい風邪と勘違いされやすいです。

 

喉の性病は自覚症状が少ないため、検査をして感染しているかどうかを確認するようにしましょう。

 

性病検査キットランキング

※キャッシュレスで5%還元

 

オーラルセックスをすることで感染する可能性のある病気とは

オーラルセックスをすることで感染する可能性のある病気は以下のとおりです。

 

ヘルペス

ヘルペスはヘルペスウイルスによって生じる感染症です。

 

主に単純ヘルペスウイルス2型が感染源として多いですが、1型での発症報告もあります。

 

ヘルペスは粘膜接触を感染源とします。

 

そのため感染した方のアナルを舐めることでヘルペスウイルスが感染することがあります。

 

ヘルペスの方のアナルを舐めると口に感染することがあるので、口唇ヘルペスの可能性があります。

 

水疱や潰瘍がみられ、有痛性の例が多いです。

 

クラミジア

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという菌が原因で発症します。

 

男性、女性ともに性器に感染すると尿道炎になることがあります。

 

クラミジアは粘膜接触によって感染します。

 

そのためクラミジアに感染した方のアナルを舐めることで感染することがあります。

 

クラミジアに感染したアナルを舐めると咽頭炎を発症することがあります。

 

クラミジアによる咽頭炎は難治性を示しやすく、咽頭に感染しないように注意しなければなりません。

 

淋病

淋病は淋菌によって引き起こされる感染症です。

 

男性、女性ともに性器に感染すると尿道炎を発症します。

 

男性の場合、クラミジアに比べて排尿時の痛みが強いため、自覚症状が非常に強いのが特徴です。

 

淋病は粘膜接触によって感染するため、淋病に感染しているアナルを舐めることで感染することがあります。

 

クラミジアと同じように、淋病の方を舐めると咽頭炎になるリスクが高くなります。

 

難治性のため感染しないように対策しなければいけません。

 

梅毒

梅毒は梅毒トレポネーマという菌によって引き起こされる病気です。

 

感染者との粘膜接触によって引き起こされるため、アナルを舐めることで感染する可能性があります。

 

梅毒を治療せずに放置していると、神経や心臓にまで菌が及び死んでしまうことがありました。

 

現在では梅毒に感染してもそのステージまで到達することはほとんどありませんので安心してください。


精度が高く、早く結果がわかるキットのランキングを見てみる >

※当サイト売れ筋順


【セイシラのLINE公式アカウント】 性病の相談はもちろんのこと、忘れがちな定期検診のリマインド機能も。 定期的な検診を身につけるために、ぜひご活用ください。