性病検査で陽性が出てしまったら病院の何科に行けばいい? 泌尿器科・婦人科でも大丈夫?

性病検査キットで陽性が出た

保健所や性病検査キットで検査をしたら陽性だった・・・。
そんな際にはすぐに病院に行かれることをおすすめいたします。

 

偽陽性の可能性も0ではないでしょうし、相談するにしても専門的なお医者さんにしたほうが良いです。

 

では性病って何科に行けば良いのでしょうか?

 

そんなお悩みをお持ちの方は、アフタフォローで病院紹介までしてもらえる性病検査キットをおすすめします。

 

STDチェッカーであれば、全国44,000の医療機関の中からいずれかを紹介してもらえます。

 

過去の紹介実績が見たい人はこちらからどうぞ → STDチェッカーの紹介実績

 

近くの病院にあるのであれば、性病科がおすすめ

まず探すべき診療科は、その名の通り性病科です。

 

ここは性病を専門に診てくれる診療科なので、疑問に思っていることを説明してもらいやすいです。

 

ちなみに男女どちらでも行くことができます。

 

男性の中で「女性がいる可能性のある性病科に行くのは嫌だなぁ・・・」と思われる方は、上野クリニックなどの予約制のクリニックをおすすめします。

 

最寄りの上野クリニックを調べてみる >

※完全予約制

 

性病科に行くデメリットとしては、性病でなかった場合に再度別の診療科に行く必要があることです。

 

たとえば尖圭コンジローマに似ているフォアダイスは、医師であっても判別が難しい場合があります。

 

そんな際に性病科に行って、結果フォアダイスだった場合は性病科では対応できません。

 

性病科に行くのは、事前に検査キットなどで性病だと分かっている場合のみにしましょう。

 

性病かどうか疑わしい男性は泌尿器科へ

いろんな病気の可能性も含めて考えたいという男性は、泌尿器科がおすすめです。

 

泌尿器科は腎臓から膀胱、尿道までの病気のスペシャリストです。

 

前立腺や精巣の病気が考えられる場合でも相談に乗ってくれます。

 

なお泌尿器科の先生の中には残念ながら性病にそこまで詳しくない先生もいらっしゃいます。

 

そうなった場合は別の病院(特に性病科があるところ)を紹介してもらうようにしましょう。

 

性病かどうか疑わしい女性は婦人科へ

婦人科は女性特有の病気を診てくれる診療科です。

 

膣や子宮、卵巣の病気に詳しい先生がいらっしゃいます。

 

「女性の先生に相談したい」という場合は、婦人科へ行かれるのが良いと思います。

 

このように様々な科がありますが、性病検査の結果を持っていったとしても再検査となる場合もあるようです。

 

受診の仕方によっては再度検査ということになることも

担当されている先生によっては、自分で検体を取るような通販検査キットでは信憑性が低いと思っています。

 

これにより病院での再検査が必要となり、結果二重で費用がかかることもありえます。

 

そんな無駄な費用は避けたい!

 

そう思われる方は、検査キットの中でも「アフタフォローで病院を紹介してもらえる」キットを選ぶようにしましょう。

 

ちなみに当サイトのおすすめはSTDチェッカーです。

 

他にも病院と提携している検査キットはあるのですが、STDチェッカーは紹介可能な病院の数が圧倒的に違います。

 

その数なんと44,000件。

 

これだけあれば全国大体の地域の病院は抑えています。

 

アフタフォローまで考えて検査キットを買いたい、というかたはぜひ一度見てみてください。

 

まとめ

以上、性病検査で要請になった際に何科に行けばよいかという記事でした。

 

  • 性病だと完全にわかっているなら性病科
  • 性病以外の可能性もあるなら、泌尿器科か婦人科
  • 病院を紹介してもらえる検査キットなら再検査は不要

 

陽性という結果は驚かれるかもしれませんが、HIVでも今は死なない病気になっています。

 

しっかりと現実を見つめて治療を行っていきましょう!


精度が高く、早く結果がわかるキットのランキングを見てみる >

※当サイト売れ筋順


【セイシラのLINE公式アカウント】 性病の相談はもちろんのこと、忘れがちな定期検診のリマインド機能も。 定期的な検診を身につけるために、ぜひご活用ください。